抜け毛を諦めない!!
お悩みのその抜け毛、今すぐ解決しましょう。

いい抜け毛と悪い抜け毛

鏡を見る男性

抜け毛は、頭皮から髪の毛が抜けてしまうことです。「抜け毛=薄毛」と思っている人がいると思いますが、抜け毛というのは必ずしも悪いことではありません。
抜け毛には、良い抜け毛と悪い抜け毛があります。気にする必要がない抜け毛なのに、薄毛になってしまうと思い込んでいてはストレスになってしまいます。ストレスを感じないためにも良い抜け毛と悪い抜け毛を知っておくようにしましょう。

では、良い抜け毛と悪い抜け毛というのは、どこをみて判断するのか?
それは、毛根部分です。抜けた髪の毛を見た時に、根っこの部分が丸く膨らんでいる状態であれば問題ありません。このような状態の毛は、ヘアサイクルによって正しく抜けた毛です。
私達の髪の毛は、毎日自然に抜けるようになっています。1日で50~100本ほど抜けるようになっていて、新しい髪の毛が生える準備が行なわれているのです。
悪い抜け毛というのは、抜けた毛を見た時に毛根部分が痩せてしまっています。また、抜けていない毛も全体的に細くなってしまっている場合には抜け毛対策を始めるようにしましょう。髪の毛が細いということは、成長のサイクルが十分に行なわれておらず、毛髪に十分な栄養が行き届いていない証拠です。
このような状態が続いてしまえば、薄毛が進行してしまいますので、早めの対策を行なう必要があります。

ただ、どのような抜け毛であっても、心配し過ぎると抜け毛を促進してしまいますので、あまりストレスを感じすぎないことが大切です。
悪い抜け毛であることが分かれば、直ちに対策を行い、育毛に力を入れましょう。